1. >
  2. >
  3. 一人暮らしやシェアハウスそれぞれの利点
一人暮らしやシェアハウスそれぞれの利点

一人暮らしやシェアハウスそれぞれの利点

賃貸を利用する方法も様々ありますが、少し前までは賃貸というとひとりでアパートやマンションを借りるということが一般的でした。

そして、最近では一軒の家を複数人でシェアしながら暮らすシェアハウスも注目されています。
海外のドラマや映画などではシェアハウスはよく登場しますが、日本でも最近はこういった物件の人気が高まっています。

まずは一人暮らし、シェアハウスの特徴をよく理解しておきましょう。

一人暮らしのライフスタイル

一人暮らしで個室を借りるメリットとしては、まずは完全にプライベートを守れることにあります。
お風呂やキッチン、トイレなども好きなときに利用できますし、インテリアも好みに作っていくこともできます。

そして自分の部屋ですので、自由に友人を招きいれたり、家族を宿泊させたりすることもできるのです。

家賃はそれなりに必要となりますが、ひとりの時間をゆっくり楽しみたいと言う場合にはこうしたスタイルが向いています。

シェアハウスのメリット、デメリット

そして最近注目されているシェアハウスですが、メリットとしてはまずは家賃が安いことがあげられます。
そして敷金や礼金が必要ないことも多く、家具や家電などもあらかじめ用意されていますので、引越を行うとすぐに生活を始めることができるのです。

個室が用意されている場合でも、お風呂やキッチン、トイレなどの共有部分は他の住人と共同で利用することとなりますので、ルールはしっかり守っていく必要があります。

そのほかでは、家賃が安く入れること、短期間からの利用が行えることもメリットとしてあげられますし、他の住民との交流を楽しむこともできます。
シェアハウスの住民は海外から来られている方も多いので、そういった方々と文化交流を楽しむこともできますし、外国語の勉強を行いたいという方にも向いているでしょう。

はじめて一人暮らしされる方の場合は何かと不安もあるものですが、いつも誰かがいてくれる環境というのは安心できるものがあります。
そして、女性が利用する場合も女性専用の物件も用意されていますので、そういった物件を選んでおくとより安心です。

プライバシーについてはあまり重視されないので、プライバシーをしっかり守りたいという方にはあまり向いている物件とは言えません。

さらに友人や家族を部屋に招き入れにくいこともあります。

一人暮らしでマンションやアパートを利用する場合も、シェアハウスを利用する場合もそれぞれメリット、デメリットがありますので、利用する前にはよく考えて自分に合った賃貸を選んでいきたいものです。