シェアハウスと一人暮らしの冬

シェアハウスの人気が急上昇中ですね。
一人暮らしに憧れる人は多いでしょうが、最近では都会でのシェアハウスに憧れる方が増えています。

世間が寒くなるころ、文字通り気温が下がる頃、人恋しくなる冬に一人暮らしは寂しいという意見がありますね。
シェアハウスなら寂しい冬もみんながいて暖かい!?
シェアハウスと一人暮らしの冬を比較してみましょう。

○一人暮らしの冬
一人暮らしの冬は寂しい?
いいえそんなことはありません。

一人暮らしなら自分の家に自分の友達を呼んでも関係なし。
自分ひとりで暖房を占領するのもおかまいなし。
一人暮らしなんですからやりたい放題好き放題できます。

寂しいなんて言葉は必要ありません。
仲の良い友人だけを呼んで鍋をかこんでパーティをしたり、電気代の高い暖房器具も一人で使えば安いもの。
自分だけが使って自分で楽しむんですから、寂しいなんてことはないんです。

やっぱりちょっとは寂しいということはあります。
恋人がいない、自㏍が遠いとなると一人では孤独を感じることだってあるかもしれません。
その場合はシェアハウスが良いといえるのかも・・・?

○シェアハウスの冬
シェアハウスでは、料理の当番を作って晩御飯を一緒に食べたりお鍋を囲んだりおでんを食べたり、冬対策も楽しいかもしれません。
シェアしている人の地域によっては、その地域の名物冬料理が食べれるかも?

地域によっては吹雪で家から出られない、なんてこともあるかもしれませんが、シェアハウスなら除雪する時も楽ですし、一人でこなそうする必要はありません。
冬に誰かが一緒に居るという事はとても暖かいことです。
人以上に温かみのある存在はいないでしょう。

だからこそシェアハウスは冬には最適な生活スタイルだと考える方が多いんです。
冬の暖房対策、どう考えるか。
メリットを考えてあなたに合う最適なスタイルを探してみましょう。

注意したいこと

冬の寒い季節にぶっ倒れると一人ではとても辛い。
そりゃ誰かに風邪を引いて弱っているところを見られたくないという方や恋人に看病に来てほしいという方は一人暮らしがいいと思う方が多いでしょう。

ですが、こんな体験談もあります。
「久しぶりに風邪を引いて寝込んでしまった時、一緒に生活しているシェアハウスの住人に助けてもらった。
スポーツ飲料や風邪薬を買ってきてくれて、やっぱり昔から知っている仲じゃなくても人の温かみは一番優しいものだとはっきりわかりました。

他人でもシェアしているという繋がりがある以上、人は優しい存在です。
人以上に優しく暖かい存在はいないと思いませんか?
シェアハウスには季節別に考えても、必ずあなたにメリットとなることはあるんです。
今は想像がつかなくても、シェアしていたらいつかきっと分かるときがくるんでしょうね。