1. >
  2. >
  3. 喫煙者にとって
喫煙者にとって

喫煙者にとって

シェアハウスにはルールがある

生活環境をシェアするということは、他人と生活するわけですから必ずルールが存在します。
住んでいる人が嫌な思いをしないように生活をするルールです。
これを守らないと住む資格はないといえます。

簡単に言えば、におい、衛生面、使用する場所の制限や騒音など。
猫が嫌いな人とネコを飼いたい人が一緒には住めませんよね。
どちらかが我慢しなければならないような場面ではシェアなんて上手くいきません。

喫煙者に向いているのは?

シェアハウスではルールがある。
それを踏まえると喫煙者には居心地の悪い環境になる場合があります。
逆もしかり。

禁煙者と喫煙者が一緒に生活するのは難しいですよね。
シェアハウスによってはタバコを禁止しているところもあります。

喫煙者には肩身が狭いであろうシェアハウ。
喫煙者が揃えばそんな肩身が狭い思いをしなくて良いかもしれません。

喫煙者に向いている生活スタイルは一人暮らしでしょう。
いつ吸っても良い、どこで吸っても良いとなれば話は早い。
人目を気にすることなくタバコが吸える一人暮らしじゃ喫煙者の天国だとも言えます。

喫煙者にとってシェアハウスのメリット

シェアハウスには喫煙者にとってメリットになることもあります。
禁煙したいと考えている方や、ちょっとは健康に気を使いたいと思っている方。
シェアハウスではタバコを吸う場所が限られてくるので、ちょっと吸いたいと思っても吸えないときがあります。

据える場所が少ないというのは、1日にタバコを吸う量も減りますし禁煙効果はバッチリです。
「これからもずっと喫煙し続けるんだー!!」と自信満々な方にはこのメリットも関係ないかもしれません。

タバコで良し悪しを決める人

世界にはたくさんの人がいるんですから、タバコで良し悪しを決める人なんて沢山います。
例えば家を探していて「喫煙者だ」といえばそれだけで、「壁を焦がすんじゃないか」「においがつくのではないか」「汚い」「くさい」とイメージを付ける方もいます。
そういったイメージは仕方がないことです。

「タバコ」=「悪い」という考え方は偏見ではありません。
だって健康には悪いものなんですから。

でも「タバコを吸う人」=「悪い」と決めつけるのはよくないですよね?
偏見だと断言できますし、タバコでその人の良し悪しを決めるのこそ悪いことだといえます。

シェアハウスをするにも一人暮らしをするにも、そういった偏見の目や人が持っているイメージに柔軟に対応すべきです。
シェアハウスで批難をされても、タバコを吸いたいと思うか。
批難をされないよう一人暮らしにするのか。
嫌な目で見られるから隠れて吸うのか。

住むところを決めるのはあなたの自由ですし、喫煙するのも自由です。
あなたの考え方を素直に出して、生活スタイルを作り上げてくださいね。