1. >
  2. >
  3. 一人暮らしに向いている方
一人暮らしに向いている方

一人暮らしに向いている方

一人暮らしを初めるにあたって

暮らしは、食事、睡眠、リラックスして過ごすなど、快適に過ごせる環境でなければなりません。
引っ越しをして、一人暮らしをはじめる時も住み心地のいい物件選びに力を入れることが大切です。

しかし、最近は、不景気の影響もあり、進学する学生の方は、親からもらえる月々の仕送りが少なくなったと言う方や、一人暮らしの社会人の方は、収入が減ったという方もおられるので、家賃の安い物件を探している方もたくさんおられます。

家賃のことも考えて、住み心地のいい物件を探そうとなると、一人暮らし向けの賃貸物件だけでなく、シェアハウスに住むことも一つの選択肢に加わります。

シェアハウスとは、普段寝泊まりする部屋は一人ずつに割り当てられていますが、その他のキッチンやトイレ、冷蔵庫などの家電は共同で使うという、今注目されている暮らし方です。
家賃が安いので、物件探しをするときに、参考にしている方も多いと思います。

シェアハウスに向いているかどうか

物件探しをはじめる前に、自分が一人暮らしに向いているのか、シェアハウス暮らしに向いているのかを考えてみることをおすすめします。
一人暮らしの場合、家事などの暮らしに必要なことをすべて自分一人で行う必要があったり、寂しさを感じることがあったりもしますが、一人の自由な時間をたっぷり満喫できるので、一人で過ごすのが好きな方には、魅力的な環境です。

一方、シェアハウスの場合、共同で生活するということもあり、一人の静かな時間をたっぷりと楽しむのが難しく感じることもありますが、シェアハウスそれぞれにルールがあり、家事を役割分担するところもあれば、お互いに協力し合って、コミュニケーションを楽しみながら暮らすことができます。

一人暮らしに向いている人の性格は、一人でもあまり淋しさを感じることがなく、一人の時間を楽しめる趣味などに没頭できる性格だと思います。

シェアハウス暮らしに向いていない人の性格は、少しでも騒音が気になるという方や細かなところでも気になってしまう潔癖症の性格です。
シェアハウスは、何人も集まって、同じ家で協力し合って暮らすということもあり、一人暮らしに比べると、騒がしい環境となってしまいます。
少しでも騒音が気になると眠れないという方や誰かがキッチンやトイレなどを少しでも汚していると、落ち着かない神経質な性格の方だと、だんだんとストレスが溜まってきてしまうかもしれません。
人それぞれ向いていることと、そうでないことがあるので、まず自分の性格を改めて見つめ直してみてから、一人暮らしにするか、シェアハウスを選択するかを検討することをおすすめします。