1. >
  2. >
  3. 首都圏
首都圏

首都圏

費用が安く抑えられる

年齢や性別、国籍を問わず人気を集めているシェアハウスは、東京をはじめ首都圏で人気を高めています。
その理由の1つとしては、首都圏の家賃が高いことです。

職場や学校の近くに住みたくても家賃が高くて払えない、払える家賃のところは異常に狭い部屋であったり、風呂なしやトイレ共同の築30年、40年の木造アパートだったりします。
その点、シェアハウスは古い物件のリニューアル物件もありますが、現代調に綺麗にリフォームが施され、建物内にお風呂もあり銭湯に行く必要もありません。

部屋は基本的に個室が割り当てられ、トイレやバス、キッチン、ラウンジなどは共同ですが、その分、家賃は安くなり光熱費なども抑えることができます。
シェアハウスを利用することで、高嶺の花であった職場近く、学校の近くでの暮らしも可能になるのです。
家賃が払えない方の望みを叶えるのはもちろんのこと、家賃が払えないわけではないけれど今後のために貯蓄したいなど、将来のプランがある人にも選ばれています。

住人との交流が図れる

もう1つのメリットは、住人との交流が図れることです。
都心部の一般のマンションやアパートの場合、隣に誰が住んでいるかも知らないということは少なくありません。

地方であれば町内会があったり、賃貸住宅の駐車場にほとんどの人がマイカーを持っていたりするため、洗車をしながら話をするなんて機会もあります。
ですが、首都圏ではほとんど近隣との交流がないのです。

ご近所付き合いがないのが嬉しいという方もいるかもしれませんが、地方から状況してきた方の中には、孤独を感じて精神的に参ってしまう方が少なくありません。
こういったタイプの方はシェアハウスを利用することで、孤独になりがちな都会暮らしを同じ屋根の下に暮らす仲間と楽しく暮らすことができるでしょう。

異文化コミュニケーションができる

もう1つのメリットは異文化コミュニケーションです。
首都圏には全国から様々な人が進学や職を求めて上京してくるだけでなく、海外からも多くの人が留学やビジネスで日本を訪れます。
そうした外国の方にも好まれるのがシェアハウスです。

海外の方から見ても首都圏の家賃は高過ぎる、高い割に狭過ぎるというのは同じなのです。
リーズナブルな家賃で住まいを得ながら、お互いの言葉を教え合ったり、祖国の料理でおもてなしをし合ったりと、お互いの文化などを理解しあいつつ、グローバルな暮らしが送れることでしょう。
首都圏に住みながらプチ留学気分を味わえるのも、シェアハウスのメリットといえるでしょう。