地方

地方

地方の大きな部屋に一人暮らしは寂しい

首都圏では家賃が高いため、シェアハウスを利用して家賃を抑えながら都会に住むという方法が流行しています。
一方、地方では家賃が安いので一人暮らしをするにしても大きく経済的負担を感じることはないかもしれません。
もっとも、地域によっては、いわゆるワンルームマンションというのがほとんどなく、2DK以上のハイツやアパート、一軒家の貸家というケースがあります。

1人で広い部屋に住むのは快適という方もいるかもしれません。
ですが、多くの方は部屋数がありすぎて持て余したり、さすがに一軒家に1人は寂しいなと思ったりするのではないでしょうか。

気の合う仲間とワイワイ暮らせたら楽しいのに、と思われる方も少なくないでしょう。
そこでシェアハウスを利用して、寂しくなりがちな地方での暮らしを楽しんでみるのも一つの手段です。

さまざまな特典付きの地方シェアハウス

地方では首都圏ほど、今時のシェアハウスは多くはありません。
ですが、農園付きで近所の農家の方の指導やサポート付きとか、お風呂は天然温泉といった珍しいシェアハウスがあったりします。
過疎化や高齢化が進んでいる地域では、ご高齢者を見守りつつ、部屋をわけてもらうといったスタイルもあります。

田舎暮らしや人の温もりを感じながらのシェアハウス生活というのも、いいのではないでしょうか。
また、地方暮らしでは家賃は安いものの、移動手段として車がないと生活に困ることが少なくありません

首都圏住まいでは電車や徒歩、バスや自転車で済んでいても、地方の支社などに転勤になれば職場に行くにも、買い物やレジャーに行くにも車が欠かせません。
とはいえ、車の購入費、駐車場料金、自動車税や保険料など車の所有や保有のコストはけっこう重い負担となるでしょう。

そこで、たとえばシェアハウスメンバーで車やバイク、スクーター、自転車などをシェアするという方法が考えられます。
職場には一番遠い人が車を使い、その他の方はスクーターや自転車を使ったり、1つの車に相乗りしたりして職場近くで順に降ろしてもらうといった方法も考えられます。
休日などは必要に応じて車を借りたり、一緒に買い出しに出たりと、1台の車を利用した交流も深まるのではないでしょうか。

地方のシェアハウスは地方で働く方だけでなく、職場は都心にあるという人にとっても楽しいものです。
休日は1つ屋根の下のメンバーと野菜作りやガーデニングに精を出し、自然いっぱいの中で健康的に暮らし、仕事は都会でと分ければ、オンとオフがはっきりし充実した生活が送れることでしょう。