1. >
  2. >
  3. シェアハウスに向いている方
シェアハウスに向いている方

シェアハウスに向いている方

家賃を安く抑えられる、異文化コミュニケーションができる、血の繋がらない家族ができたようで楽しいなど、シェアハウスへの注目が集まっています。
もっとも、シェアハウスが誰にでも向いているわけではありません。

共同で住む

たとえば、1人の時間をこよなく愛する方や、見ず知らずの他人と暮らすのは無理という方もいるでしょう。
いかに家賃が安いからといっても、毎日のことです。
我慢しながらの生活は続きません。

そこで、どんな人がシェアハウスに向いているのか見て行きたいと思います。

シェアハウスでは玄関やトイレ、バス、キッチンやラウンジなどが共同のスペースになります。
部屋は個室であることもありますが、相部屋の場合も無いとは言い切れません。

男女での相部屋はないものの、シェアハウス内の住人は基本的に年齢も性別も、職業も国籍もバラバラで、どういう人が暮らすかは分かりませんし、入退室もあるでしょう。
そういった違う立場の人とコミュニケーションを取りながら、暮らして行けるかがポイントとなります。

協調性のある人に向いている

たまに共同の利用スペースがあるだけで、プライベートは別、関わる必要はないと考えている人がいるようです。
ですが、シェアハウスにおいては共同スペースの掃除やゴミ出しなど、住人で担当する必要があります。
管理人がやってくれることは稀です。

また、自宅に友人を迎えるように客人を招き入れることもあるかもしれません。
つまり、共同で利用する部分がある以上、一定のルールが作られ、役割分担などをして協力しあわなければいけません。

そのため、一匹狼タイプや他人の生活は無関係といった人は向いておらず、協調性のある人が向いているでしょう。
誰とでも直ぐに仲良くなれる、差別をしたり人を分け隔てたりすることをしない、といった点も重要になります。
1人でいることが好きな人より、常に誰かと一緒に居たいとか、みんなと集まっているのが好きという人には向いた暮らしだといえます。

これから初めて家族と離れて生活するにあたり、シェアハウスを利用するか、一人暮らしをするか悩んでいる人がいるのであれば、自分の性格をちょっと考えてみましょう。
極端に寂しがり屋、恐がりで夜は1人で過ごすのは嫌といった方は、一人暮らしには向いていません。

仮に一人暮らしをしても、常に友達の家を転々とするジプシーをしたり、友達を家に呼んだりして安心するパターンに陥りがちなので、最初からシェアハウスを選んで家賃を抑えつつ、自分にとって安心できる誰かが近くに居る暮らしを選択したほうがいいでしょう。