1. >
  2. >
  3. クリエイターがシェアハウスを使うメリット
クリエイターがシェアハウスを使うメリット

クリエイターがシェアハウスを使うメリット

時間を有効に使える

多くのシェアハウスでは、風呂やキッチンは共同で使います。
普通であれば、そのような場所は住人が掃除しますが、シェアハウスでは、清掃業者が掃除してくれるところが多く、ゴミ出しから水回りの掃除まで任せて行なってくれます。
住人は自分の部屋の掃除のみしていれば良いので、面倒な掃除部分は業者に任せて、ゆったり自分の作業時間を確保できます。
実はこれが意外にもクリエイターには大きなメリットとなり、遅く帰ってきたなどは、特にありがたさが身に染みます。

プライベートとシェアの空間設計が考えられているので、誰かと話したいときはリビングに行く、疲れている日部屋まで一直線などと選択ができます。
集中するときは部屋で作業する、息抜きしたいときはリビングでくつろぐなど、オンオフの切り替えがしやすい環境です。

部屋にもいたくなく誰かとも話ししたくないときは、屋上やテラスがついている物件もあるので、風に吹かれながら、パソコンを広げて作業するようなことも出来ます。

リビングに無料のWi-Fiが飛んでいる物件もあるので、コーヒーを片手にのんびりと、広いスペースで作業をすることもできます。
誰もいなければ音楽もかけ放題で、自分だけのコワーキングスペースを手に入れた気分になります。

考え方が柔軟になる

クリエイターにとって想像力や発想力は大事なものです。
日々鍛錬しておくと良いですが、なかなか人と話す機会が少なくなると、考え方も自然と小さくなります。
そんなときシェアハウスに住んでいると、多くの方と話せるので、些細なことから人生観まで、同居人分の意見をもらうことができます。
自分の中では普通や常識と思うことも他の人は違う考えをしていることもあり、物事の考え方を柔軟に保てられます。

特に外国人の方が住むようなシェアハウスでは、異業種交流会のような状態なので、石頭も自然と削られていきます。

しかもその人との繋がりは、シェアハウス内で完結されるものではありません。
これはそのシェアハウスの環境にもよりますが、シェアハウスの代表が集まるイベントがあったり、シェアハウス対抗の運動会やパーティ、イベントなどが開催されるなど、シェアハウスを越えた活動も出来ます。

シェアハウスというと、家でワイワイする印象が強いので、このコミュニティは大いにクリエイターに役立つでしょう。
どうしても狭くなりがちなクリエイター業界では、多種多様な人とたくさん出会えるので、うってつけの環境です。

特にアパートなどで在宅で仕事をすると人と関わる機会はほとんどありません。
そんな孤独な環境を変えるにもシェアハウスは良く、多くの人の意見を貰うことが出来て、沢山の刺激を受けながら生活が出来ます。