1. >
  2. >
  3. ルームシェアとシェアハウスの違い
ルームシェアとシェアハウスの違い

ルームシェアとシェアハウスの違い

何をシェアするかで違う

ルームシェアとシェアハウスの違いは、ルームシェアは部屋をシェアし、シェアハウスは部屋をシェアします。

ルームシェアは海外で多くあるスタイルで、1つの部屋を複数の人間で共有します。
一方シェアハウスは、一軒家などをリフォームして個室を造り、複数人で共有して暮らすスタイルです。
シェアハウスは住人それぞれのために個室があり、個室には鍵が付いている物件が多いです。
どちらもキッチン、バス、トイレなどは共用設備として、住人全員で共同で使います。

一緒に住む人数も異なり、ルームシェアは部屋を借りて共有するので、多くても5名程度です。
シェアハウスは家をシェアし、その物件に作る個室の数によって人数は違い、数名程度から100人以上の物件もあり、規模が大きいです。

新しい入居者を探す場合は、ルームシェアでは住人が募集や審査を行い、シェアハウスでは運営する事業者が募集や審査を行います。

ルームシェアとシェアハウスの特徴

・ルームシェア

ルームシェアは1つの部屋を複数の人間で使うので、どのような形で契約するかがポイントです。
賃貸物件でのルームシェアは、代表者の一人が物件を借りルームメイトにも貸す場合、またはルームメイトが管理会社と契約を結ぶ場合の契約方法になります。
どちらの場合も管理人はおらず、ルームメイト同士で管理し生活します。
そのためお金の管理は重要であり、一人滞納すると全員の滞納となり、連帯責任を負います。
家賃や光熱費を取り決めておき、誰かが退去したらどうするか、貴重品の管理はどうするか、掃除はどうするかなどのも、事前にルールを決めておくべきです。
このようなルールを決めておかないと、住人同士でのトラブルの元ともなります。
ただルームシェアでは、最初から中の良い知人や友人同士で入居することも多いです。

・シェアハウス

シェアハウスは、建物全体を管理する会社がシェア用施設として運営します。
トイレやバスなどの設備は共用になっており、入居者は一定のルールを設けた上で事前の審査を行い、契約書にサインして入居します。
部屋タイプは、一人用の個室タイプや二人以上で使用するドミトリータイプなどがあります。
個室タイプであっても、ネットカフェのような簡素な造りの個室、半個室などもあり、簡素な造りの個室のシェアハウスほど、家賃は安く、反面プライバシーはあまりありません。

シェアハウスの共用設備は、利用するにはマナーを守らないとなりません。
お風呂に長く入り一人で占有する、洗濯機に洗濯物をい入れておくなど、他の人の迷惑になることをすると、トラブルになります。
また、共用スペースの電気の消し忘れ、バストイレの使い方、キッチンを使用した後に片付けないなども、トラブルを招きます。