1. >
  2. >
  3. 体調を崩しても孤独じゃない
体調を崩しても孤独じゃない

体調を崩しても孤独じゃない

○辛い時は支え合える、それがシェアハウスのメリット
何かあった時は仲間同士で助け合いながら生活をすることができる。
これも、シェアハウスのとっても大きなメリットのひとつです。
一人暮らしだと、具合が悪くて倒れてしまった時は自分一人で何とかしなければならないという辛さがあります。
具合が悪い時に病院に行くのは当たり前としても、一人で寝て、1人で食事を用意して…ということがあるのは、やはり辛いことなのではないでしょうか。
特に、具合が良くない時は一人で生活をするのは辛いこと。
だからこそ、ここでシェアハウスが出てきます。
シェアハウスなら、具合が悪くなった時に仲間と協力して乗り切ることができますし、「一人じゃない」という心強さを感じることもできるでしょう。
病気の時って、特に心の疲れが出て「一人暮らしの辛さ」を感じることが多いです。
実際に一人暮らしの経験があるという人に話を聞いても、一人暮らしの時に一番つらかったのが「具合が悪い時に1人で何とかしなければならないということだった、と答えていました。
一人暮らしというのは、本当にそのくらい辛いことなのでしょうね。
確かに、すごく具合が悪いのに誰もご飯を作ってくれない、洗濯もしてくれない…
そういう生活の寂しさに慣れるには、ある程度の時間が必要になるかもしれません。

★「一人じゃない」
シェアハウスのいいところは、なんといっても「一人じゃない」ということです。
確かに、誰かと暮らすということはたまに鬱陶しいことがあるかもしれませんが、シェアハウスには「辛いときにみんなで支え合うことができる楽しさ」があります。
みんながみんな、好きで一人暮らしをするわけではありません。
仕事の関係で、どうしても一人暮らしをしなければならなくなることだってあります。そんなとき、シェアハウスで生活をすることで孤独感を忘れることができたり、一人暮らしの味気なさを忘れることができたり、そういうメリットは確かにあるのかもしれません。
もし、一人暮らしに寂しくなったら「シェアハウスで生活をしてみる」という選択肢を選んでみることも、いいことなのかもしれませんよね。ぜひ、こういった選択も視野に入れてみてほしいです。

体調を崩して本当に辛くなった時、シェアハウスで生活していたときのありがたさを実感することができるようになるのかもしれません。シェアハウスには、そういうパワーがあるものではないでしょうか。