1. >
  2. >
  3. シェアハウスで安く効率的に
シェアハウスで安く効率的に

シェアハウスで安く効率的に

知っている仲ならなんでも言える

知り合い同士で一軒家を借りてシェアするととても安く効率的です。
わざわざシェアする人間を探す手間がいりませんし、節約を意識する方にはたいへん良いでしょう。

友人同士で一軒家を借りてシェアすると、当然キッチンやトイレ、バスルームは共同使用になりますが、知り合いなのでなんでもいえます。
安く効率的に済ましたい方は、信頼できる仲間と共同生活をすると最も経済的な住居が見つかるでしょう。

知り合い同士なら気を使うことなく生活できる場面もあれば、赤の他人と生活するより気を使いません。
掃除の分担や、使う時間なども最初から簡単に決めることができるでしょうし、融通が利きます。

知り合いを選ぶべき

ルームシェアは中々トラブルの多い生活スタイルです。
赤の他人なら割り切ることができる、という場面もあります。
「知り合いだから許せない」というやつですね。

シェアハウスにはルールがあります。
ルールを守って、ちゃんと実行してくれる知り合い同士でシェアすれば良いのですが、ちょっとした知り合いでいつでも縁を切ることが出来る程度ならトラブルが起こる可能性もあります。
反対に、信頼できる仲間であれば自分が困ったことになった時に助けてくれるかもしれません。

金銭的なトラブルには発展したくなくても、食費を節約したい、ちょっと家を空けることになった、など。
信頼できる仲間ならきっと助けてくれるでしょう。

知り合い同士で一軒家を借りるときに困ること

知り合い同士でシェアハウスをする、というのは簡単ですが、一軒家を借りるとなると困ったことも起こります。
例えば、シェアハウスを目的とした家よりも一軒家の方が安い。
でも一軒家の入居条件から、知り合い同士のシェアが外されている場合も多いんです。

知り合い同士なら騒がしくなり近隣からの騒音苦情がくる可能性があります。
それを考え、入居を認めてくれないところも多いそうです。

家賃がかなり安く抑えられる、というのはシェアの魅力でしょう。
でも肝心の物件がなかったら意味がありません。

物件が多い2月など、時期を選んでシェアを始める。
知り合いでも節度を守って苦情がこないよう生活する、など。
できるだけ配慮していかなければいけないことも沢山あります。

ぎくしゃくして困ることもある

シェアハウスで赤の他人と共同生活をするとなれば、自分もちゃんと意識して他人に対しての節度ある行動をするでしょう。
でも知り合いとなればプライバシーを尊重しない人もいます。

一度関係が壊れてしまうとぎくしゃくしてシェアハウスで住むことが困難に。
関係を修復しなければ上手くはいきません。

本当に仲が良いんだと言ってもいつ関係が壊れるかなんてわかりません。
絶対に仲が悪くならないとは、言い切れませんもんね。
経済的にも精神的にも楽な面がありますが、やっぱり節度ある行動を意識してプライバシーを尊重して生活すべきです。