1. >
  2. >
  3. 一人暮らしとシェアハウスの違いは食事にあります
一人暮らしとシェアハウスの違いは食事にあります

一人暮らしとシェアハウスの違いは食事にあります

最近はよく「シェアハウス」という言葉を耳にするようになりました。
このシェアハウスというのは、その名前の通り家を(ハウス)をみんなで共有する(シェア)ことです。
一軒家や、マンションや、アパートなどの物件をまるごと、
もしくはフロアの一部を住人同士で貸切ってみんなで共有するスタイルのことになります。

このシェアハウスに入居している方は、20代や30代など比較的若い方が多いようですが、
最近ではもっと上の世代の方からも注目が高くなってきているのだそうです。

人がいるから寂しくない

このシェアハウスというのは、物件よってお部屋の様子もさまざまとなっています。
普通のアパートやマンションなどの物件用に個室が用意されていて、
キッチンやお風呂やトイレなどをみんなで共有するタイプのシェアハウスもあります。
そして一部屋にベットが複数置いてあって、同じ部屋でルームシェアするスタイルのシェアハウスもありますね。
いずれのタイプのシェアハウスであっても、キッチンやトイレなどはみんなで共有するスタイルのところが多いですね。

ですから、住人同士でのコミュニケーションが取りやすいというのが魅力となっています。
これから一人暮らしをはじめてみようと思っている方は、シェアハウスもおすすめだと思いますよ。
特にはじめての一人暮らしですと、色々と心配なことも多いかと思います。

シェアハウスでしたら住人同士で悩みを相談したりすることもできますし、一人暮らしの寂しさも紛らわすことができます。
一人暮らしとシェアハウスの違いというのは、住人同士のコミュニケーションがあるかどうかということですね。
普通の一人暮らし用のマンションやアパートですと、
コミュニケーションを取る機会がほとんどないので隣にどんな人が住んでいるのか分からないということも多いです。

シェアハウスでしたら、どんな住人が住んでいるのかを把握することもできますし、
色々とコミュニケーションが取れるので、友だちが増えたり人脈が広がったりと嬉しいメリットがあります。

ご飯は大勢で食べたほうがおいしい

また住人同士でキッチンに集まってお食事を作って、食べたりすることもできるのがいいですよね。
一人暮らしをしていると、たった一人で食事をすることが多いです。
一人で食べるご飯というのは寂しかったりしますが、
シェアハウスでしたら誰かがいるので寂しい一人ごはんを味わうことも少ないですよ。

みんなと食事をすることができるというのは、とても楽しいことだと思いますね。
お酒を持ち寄って飲み会したり、お鍋パーティーをしたり、すき焼きや焼き肉パーティーをしたりとみんなで楽しめる食事をできます。

一人鍋や、一人焼肉もそれはそれで楽しいと思いますが、
やっぱりみんなで食べたほうが食も進みますし、お互いにレシピを教えあったりして勉強になることも多いと思います。

最近ではシェアハウスの物件もたくさん登場してきていますから、
ぜひ希望の条件にあうシェアハウスを見つけて生活を楽しんでみてくださいね。