1. >
  2. >
  3. ミュージシャンが集うシェアハウス
ミュージシャンが集うシェアハウス

ミュージシャンが集うシェアハウス

日本のカルチャーに惹かれて来日する外国人が増えている

最近は、日本独自のシェアハウス文化のようなものが、形成・発展してきているようですが、
ルームシェアやシェアハウスという考え方は、欧米風ですよね。
シェアハウスライフの先輩は、海外にあり、と考えられます。

また、日本にあっても、外国人の入居者が住んでいるシェアハウスも少なくないようです。
そのシェアハウス次第では、インターナショナルな空間で日常を過ごすこともできるようです。
日本に住む外国人は、日本の文化に関心があります。
日本のアニメ好き、ゲーム好きのちょっとマニアックな外国人も、多く来日しているようです。

ですから、アニメやゲーム好きの人なら、そういうファンを集めるような、コンセプトのあるシェアハウスに住めば、
好きなアニメやゲームのファンたちと、国を超えて交流し合うことが可能になりますね。
日本に住む外国人は、それだけでなく、幅広いポップカルチャーに魅せられています。

たとえば、日本が好きな外国人ミュージシャン、という層は、かなり厚いらしいです。
海外ミュージシャンが見ても、日本のポップス、いわゆるJ−POPはなかなか興味深い現象のようなのです。
日本人は、海外の音楽に憧れ、舶来のリズム、ノリ、曲の構造等をさまざまに模倣し始めますが、それがコピーにとどまらないそうです。
その良さをしっかりと研究して、オリジナルの域にまで高めるので、
外国人も、そこに「オリジナリティー」さえ感じて評価するようなのです。
日本のロックバンドは、時として海外バンド以上にロックのスピリットを理解し、表現していることがあるそうです。

そういうJ−POPを好きになって来日する外国人は、音楽活動を通して交流を持つことに、意欲があるようです。
ミュージシャン同士で住居をシェアリングをしているケースも、結構見られるようです。
同じところに住んでいれば、交流にも時間がかからないですからね。

ミュージシャン向けのシェアハウスが増えている

ミュージックは、世界共通の言語です。
ミュージックを通して、彼らは魂を通わせることができますし、実際、そうした活動を楽しんでいる人たちなのです。
そんなミュージシャンのためのシェアハウスも、作られていると言います。
防音スタジオを完備していることが大きなウリになっているようです。
騒音問題は賃貸物件に住むミュージシャンが最も頭を悩ますことだそうですから、
防音がしっかりしていることは、彼らの悩みをクリアしてくれます。

また、シェアハウス内にスタジオのような空間があるということには、とても大きな魅力を感じるはずです。
防音の件がしっかりしていれば、愛用の楽器を心おきなく一人で練習・特訓することができるでしょう。
楽器は、とにかく毎日さわる・いじることが大事ですから。

それに、シェアハウスで入居者でバンドやユニットのメンバーを募ることもできます。
外国人のミュージシャン入居者と一緒に、セッションもできます。
まさにインターナショナルな体験になりそうです。

外国人が興味を持つジャパニーズカルチャー

もう少し、外国人が興味や関心を持つクールジャパン・カルチャーについて、書いてみたいと思います。
国際化の流れにのって、日本の文化は国際的にも輝きを放ち、海外の人たちを魅了しています。
日本で会う外国人というのは、もともと親日家で日本に来る人もいると聞いていますが、
そのほかに、お仕事の都合などで、赴任先として、JAPANを命じられたケースもあるようです。

彼らにとって、日本での暮らしは驚異にあふれ、新鮮な体験でいっぱいなようです。
これを教えると関心を持ち、喜ぶというカルチャーが、いろいろあります。

日本の居酒屋や、生ビールを珍しがり、はまる外国人が多いようです。
飲み会などに行くと、日本では生ビールは基本です。
どこか珍しいのかな、とこちらが逆に質問してみたくなってしまいますね。
それに、日本人にしてみれば、ビールなら海外でも飲まれているのに、どうしてこれに反応するのかな、
と、不思議な気がしてしまいます。
シェアハウスに住んでいたら、外国人入居者から、これを直接教えてもらうことができるのですね。

ちなみに、日本の生ビールは、外国の人にも口に合うようです。
喜ばれるものの一つだそうです。

飲みに誘って、生ビールで乾杯してみましょう。
シェアハウスでは、一緒に食事を作ることもあるでしょう。
日本のラーメンやカレーライスも、喜ばれるものだそうです。

シェアハウスに暮らしていれば、彼らにとって、楽しい日本情報と触れ合う機会が、数多く得られると思います。
また、日本文化によって楽しみ、また、心からくつろいでいる外国人の様子は、日本人をも心和ませるものだと思います。
シェアハウスの管理側の考え方によっては、国際交流の機会を持ちたいという希望者に向けて、
異文化交流のシーンとしてのシェアハウスを、提案しているようです。