1. >
  2. >
  3. プライベート型シェアハウス
プライベート型シェアハウス

プライベート型シェアハウス

個室のあるシェアハウス

シェアハウスというと、1つの物件を、一軒家やマンションなどを改築し、数人から数百人で住めるようにした場所です。
シェアハウスによっても、内部の造りは違いがあり、元々あった一軒家を、壁で区切って個室としたタイプと、ワンルームのように個室を作ってシェアハウスとした物件があります。

アパートなどと比べると家賃の安いのがシェアハウスの1つのメリットですが、その反面個室があるとしても、あまりプライバシーがないというのがデメリットです。
その住人の生活リズムの影響を直に受けるので、生活リズムが合わないと、プライベートやプライバシーがあまり確保できなくなります。

しかし、プライベート型シェアハウスと呼ばれる物件であると、シェアハウスの中に、ワンルームの部屋がいくつもあります。
それぞれの部屋が独立しているので、ドアもアパートのようなしっかりした造りであり、プライバシーを確保しやすいです。
このようなプライベート型シェアハウスは、いわば民宿のような感じの物件となっており、プライベートナ時間は自分の部屋で過ごし、食事などは他の入居人と一緒に行なうと言うことが出来ます。

ただし、洗濯機や浴室は、このような物件でも各部屋には付いていないので、これらは他の入居者と共同で使っていくということになります。

ワンルームのような個室が完備してあるシェアハウスは、他の人の生活音が小さく、プライバシーもある程度確保できます。
小型のシェアハウスにこのような物件が多いので、それほど住人は多くなく、他の住人と遠すぎず近すぎない、適度な距離の人間関係を築けます。
しかも個室があるので、共同生活をしながらも、プライバシーはあります。

家賃が高い

プライベート型のシェアハウスであっても、基本は他のシェアハウスと変わりません。
家具や電化製品は最初から配置されており、入居時には持ち込む必要はなく、シャンプーなどの雑貨は使えば、管理会社やオーナーが補充してくれます。
敷金礼金が不要な物件も多く、入居時には家賃のみ用意しておけば良いです。

しかし、他の簡素な造りのシェアハウスと比べると、プライベート型のシェアハウスは家賃が高いです。
どうしても、物件をリフォームして個室を作らないとならないので、その分他のシェアハウスよりもリフォーム費用がかかり、それがそのまま家賃に繁栄されます。

シェアハウスと同じような新しく綺麗なアパートでは、家賃はさほど変わりありません。
また物件も小型なところが多いので、入居できる人数は少なく、出会いの機会は少なくはなりますが、こぢんまりと少人数で過ごしたいというならばおすすめです。
人数が少ないと、それだけトラブルの機会も少なくなるでしょう。