1. >
  2. >
  3. シェアハウスの定義
シェアハウスの定義

シェアハウスの定義

人気のシェアハウス

最近シェアハウスやルームシェアをしている、という言葉をよく聞くようになりました。
海外で人気の生活スタイルでしたが、留学をされている日本人の方でもシェアハウスに住まれている方が沢山います。
日本でも本当に住居をシェアする人が増えましたね。

プライベートを守りたがる日本人には、赤の他人との生活なんてもってのほかだったにも関わらず、シェアハウスでのメリットが推されるようになりました。
シェアハウスという言葉を耳にしても、その定義を知らないという方は沢山います。

シェアとはいったいどういう事なのか。
その定義を理解すると、シェアハウスを楽しむことができるかもしれません。

シェアハウスの定義とは

シェアハウスに厳密に定められた「定義」はありません。
シェアハウスを運営している会社は様々です。
シェアハウスを積極的に名乗っている企業も一部ですし、シェアしてもOKだとあまり深く考えていないところもあります。

一般的に定義は定められていません。
どれくらいの人数でどういった生活をするか。
建物や種類も定義がありません。
シェアハウスの定義は曖昧なんです。

最もわかりやすいシェアハウスを提供しているところだとこういった定義を構えています。
「入居者同士が十分に豊かな交流をはぐくむことができる教養設備を構えていて、交流機会を提供するための住宅」です。

お風呂やトイレがどうか、家賃はどうか、ということはあまり考えずに、「交流する空間をシェアする」というように提供されています。

どういったシェアハウスが理想か

シェアハウスをしたことがないという方は、どういった住み方、どういった建物が良いか。
ということばかり気になるでしょう。

実際「シェア」するにはそういった決め事は必要ありません。
シェアハウスには定義もなければ、あなたの好きな生活スタイルを尊重して建物を選べば良いんです。

シェアハウスでは楽しいことばかりではありません。
デメリットもありますし、上手くいかないことだってあります。

自分にとって相性の良い方とシェアできればとてもうまくいくでしょう。
長く暮らすには人間関係が大切になります。

住居の快適さよりも、人との信頼性を求めるなら、シェアする人をちゃんと見定めてあなたが変わっていけば良いだけ。
それよりも住居の快適さを求めたい方は、シェアハウスの定義に基づいてトイレやお風呂など自分の理想を持って選ぶと良いでしょう。

シェアハウスには、シェア住居やDIY型運営、事業体介在型運営など様々な種類があります。
個々で定義は違えど「空間をシェアする」というのは同じこと。
あなたの好きな生活スタイルを見つけて、シェアを楽しんでくださいね。