1. >
  2. >
  3. 【一人暮らし向きのエリア】調布
【一人暮らし向きのエリア】調布

【一人暮らし向きのエリア】調布

自然も多く再開発も加速する街

多摩地区といえば都心から遠い距離にあるので交通アクセスは不便だという印象を持っている人も多いですが、調布に関しては京王線の特急を利用した場合では新宿駅まで約15分なので決して交通アクセスが不便とは言えません。
市ヶ谷や御茶ノ水へ向かいたいという場合にも乗り換えをしないままアクセス可能です。
再開発が進められていることから今後は更なる発展を遂げることが予想されており、豊かな自然も多く存在していることが住みやすさを感じさせる理由になっています。
一人暮らし向きのエリアとしても人気が高い、調布の魅力を確認してみましょう。

商業施設が多い

調布駅は地下に存在していますが、以前は地上に駅舎や線路が存在していました。
2012年に京王線が地下化されたことから、調布駅も地下に作られて地上には広大な空き地ができました。
2017年には空き地になった場所に商業ビルが作られる予定になっています。

駅周辺には商店街が複数存在しており、多くの人で賑わっています。
特に注目したいのが天神通り商店会で、調布市に住んでいた水木しげるさんの代表作であるゲゲゲの鬼太郎のキャラクターがモニュメントとして複数設置されています。
商業施設がたくさん存在しているので、買い物で不便さを感じることはほぼ無いと言えます。

2020年に開催される東京五輪では調布市に競技会場が作られることになっており、更に開発が進められて多くの人が往来することも予想されています。
オリンピックが終了した後にはコンサート会場などにも活用される予定で、今まで以上に街全体が活性化されると期待されています。

手付かずの自然も多い

調布は再開発が進められることで人工的な建造物が多く存在しているという印象を受けますが、昔から存在している手付かずの自然も多く残されているので住み心地が良いと考えられています。
各所に公園が多く存在していますが、神代植物公園には4千種類以上もの植物が存在しています。
気軽に散策を楽しんだり、スポーツができる自由広場も存在しており、毎日多くの人が訪れて有意義な時間を過ごしています。
豊かな自然が多いため、季節によって近くの公園に立ち寄るだけでも異なる風景を楽しみながら気持ちが癒やされてストレス発散に繋がります。

家賃は比較的高め

調布は住みやすい生活環境にあること、今後は更に発展すると期待されていることなどが理由で家賃相場が高めに設定されています。
それでも住みやすいという魅力を感じて調布で物件を探す人も多いです。
今後は再開発の状況によって更に家賃相場が高く設定されることも予想できるので早い段階から物件探しをおすすめします。