1. >
  2. >
  3. シェアハウスより一人暮らしが良い理由
シェアハウスより一人暮らしが良い理由

シェアハウスより一人暮らしが良い理由

現在は、同じお家に共同で住むシェアハウスが注目されています。
確かに、シェアハウスは、キッチンやリビングなどを共同で使うこともあり、他の入居者とのコミュニケーションを取りやすく、都会でも、家賃を安めに抑えて住むことができるなどのメリットがあります。
しかし、シェアハウスには、デメリットもあり、一人暮らしかシェアハウスに住むかを考えるときは、じっくりと検討することが大切です。

シェアハウスのデメリット

シェアハウスのデメリットの一つに、人間関係がうまくいく場合もあれば、逆に失敗する場合もあります。
すでに入居者が何人かいる場合、すでに人間関係が構築されてしまっている可能性があり、新しく入ってきた方とのコミュニケーションが取りにくくなってしまうかもしれません。

また、ちょっとした性格の不一致で、けんかをしてしまうこともあり、仲直りできなければ、気まずい空気の中で、一緒に生活をし続けなければならない可能性もあります。
また、共同でキッチン設備などを使うということは、冷蔵庫などもスペースを区切っていく必要があります。

家事の役割分担や冷蔵庫に入れていた食べ物や飲み物が勝手に使われていた場合にトラブルになる可能性もあり、神経質な方などにとってちょっとしたトラブルがストレスの原因となってしまうかもしれません。

シェアハウスの中には、一戸建て住宅のような作りの建物の部屋を簡単な壁で区切って、使われているところもあります。
そういった物件の中には、布団を敷いてやっとのスペースもあるため、生活しにくいと感じる方もおられるかもしれません。

一人暮らしでも安くて快適な物件はある

シェアハウスでも、ある程度部屋に求める条件などがあれば、家賃は若干高めになります。
共同で生活することで、ストレスもある程度溜まってしまうかもしれないことも含めると、一人暮らしの方が、家賃もある程度押さえつつ、一人で自由気ままに過ごせるという場合もあると思います。

一人暮らし向けの物件の中にも、最近は家賃の安い魅力的な物件もたくさん登場していますし、家具家電付きの物件や敷金、礼金ゼロ円などお得にすることができる物件もあるのです。
新築だけでなく中古物件をきれいにリフォームして、住み心地がよい間取りになっているだけでなくデザインにもこだわってくれています。

自分が快適に住むだけでなく、友達を呼び自由に過ごすことができるというメリットもあるので、引越しをする予定のある方はシェアハウスに住むか一人暮らしの物件を探すか、じっくりと検討してみてください。