1. >
  2. >
  3. 【一人暮らし向きのエリア】清澄白河
【一人暮らし向きのエリア】清澄白河

【一人暮らし向きのエリア】清澄白河

アートの街として有名

東京の下町の良さを感じさせる街として知られる清澄白河駅周辺は、美術館など芸術に触れる機会がある場所が多いことからアートの街として親しまれていました。
清澄白河駅ができたのは2000年のことで、都営大江戸線開通と同時に開業したので歴史は浅い駅です。
芸術に興味や関心を抱く若い世代に注目されていた街ですが、最近は一人暮らしをするなら清澄白河が良いと考える人が増えているようです。

アートやカフェを楽しめる街

清澄白河周辺といえばアートの街と呼ばれるほど芸術を身近に感じさせてくれます。
深川資料館通り商店街に行くと駄菓子や雑貨、呉服など様々な商品を取り扱うお店が並んでいる中で絵画を展示しているお店や古い美術系の古書を扱う店などがあります。
これがアートの街と呼ばれている所以にもなっていますが、更に商店街を過ぎると東京都現代美術館があり様々な作品が展示されています。
様々な作品を楽しむために東京都内だけでなく全国からも多くの人が訪れるようになったことで清澄白河がアートの街として定着するようになりました。

近年はアート以外にもカフェの街としても認知度が広まっており、個性的なカフェが多く存在しているのも特徴的です。
特に2015年にはブルーボトルコーヒーが日本初出店をしたのが清澄白河エリアだったこともカフェの街と認識されるきっかけになっています。
あえて都心の繁華街ではなく清澄白河に出店した理由は、本家のあるアメリカのオークランドの光景に良く似ていたからなのだそうです。
倉庫や工場が多く存在していること、近くには住宅も自然も多いこと、大きな建物が少ないので美しい空を眺めることができることなどが日本で初めて出店する地を清澄白河に選んだ理由だったと言われています。

ブルーボトルコーヒーをはじめとして、こだわりのコーヒーなどを提供するカフェが多く存在しているため、アートを楽しんだ後にはカフェに行くという流れが定着しています。
他の場所から遊びに来る人はもちろんですが、地元に住んでいる方にとっても楽しみのある街として親しまれています。

ニーズに合わせた物件が多い

昔の下町らしい雰囲気を感じさせるようなレトロな物件から、新しい高層マンションなどバラエティ豊かな物件が存在しているのが清澄白河の魅力になっています。
一人暮らしをしたいと考えている方に人気があるのは、意外にも新しい物件より昔の物件です。
この街の雰囲気を楽しむために、あえて古い物件を探して入居したいと考える方が多く、古い物件になるほど満室状態で人気が高いと言われています。
家賃相場もお手頃な物件が多く存在しているため、新築物件にこだわらないという方にはおすすめの場所です。