【一人暮らし向きのエリア】溝の口

穴場の街として注目

一人暮らしに最適なエリアとして注目される溝の口は、周辺に人気の高いエリアが集中していることからも穴場的存在の街として支持されています。
今後は更に人気が高まることも予想されるため、これから一人暮らしをしたいと考えている方は優先的に考えておきたい場所になるでしょう。

近くに人気エリアが多い

溝の口を一人暮らし向きのエリアとしておすすめしたい理由は、近くに人気の高いエリアが存在していることがあげられます。
大井町線と南武線が交差しているエリアなので交通の便が良いことも注目したいポイントになります。
近くには二子玉川や武蔵小杉が存在しているため、溝の口に関してはあまり注目されにくいと思われがちですが、だからこそ穴場的存在価値が高まっているのです。

人気の高いエリアになるほど家賃も高くなる傾向があります。
溝の口は二子玉川などの人気エリアと比較すると家賃相場が低めに設定されているので住みやすいと言えます。
交通の便も良いことから、必要に応じて行きたいエリアに足を伸ばしやすいことも人気の秘密です。
例えば渋谷まで約15分、永田町は約23分など都心の主要エリアへ乗り換えをしなくてもアクセス可能です。

買い物に便利

必要に応じて都心に出かけて買い物を楽しみやすい環境にありますが、日常的な買い物に関しては十分過ぎるくらい溝の口駅の周辺で実現します。
川崎市の中でも屈指と言われるほど溝の口駅周辺には商業施設が存在しており、基本的には買い物で不自由することはほとんどないでしょう。
以前は古臭くてまとまりがないような印象を受ける地域だったのですが、1997年にノクティプラザがオープンしてからキレイな環境に整えられてきて、誰もが住みやすいと実感できる街へと変わってきました。

自然が豊か

生活に便利な環境も見逃せませんが、快適に過ごせる住環境で忘れてはいけないのが自然が多いという点です。
溝の口周辺には豊かな自然を身近に感じることができる環境が整っています。
例えば東高根森林公園では季節によって自然を感じさせる景観を楽しむことができ、夏にはカブトムシなどを見つけることもできます。

地域のコミュニケーションが活発

溝の口は再開発によって発展に成功した街というイメージが強いため、地域住民同士のコミュニケーションが希薄なのではないかと懸念する声も多く聞かれます。
しかし実際のところは積極的に住民同士がコミュニケーションを図っており、異なる世代同士で積極的に交流を図れるイベントなどを実施しています。
一人暮らしは寂しいと感じている方にとって、地域住民のコミュニケーションへ自然に溶け込むことができる環境が整っているのは注目すべき点だと言えます。

Comments are closed.

free blog themes