一人暮らしでの必需品について

一人暮らしをスタートするとなると、「ウォーターベッドを置きたい」
「ル・クルーゼのお鍋を買って、 お料理を頑張りたい」などなど、
新生活のためのアイテムを買いそろえることを楽しみにしている人も、多いのではないでしょうか?
憧れのライフスタイルを思い描いて、わくわくしてしまいますね。

お店に行くと、素敵なインテリアグッズやキッチン用品があふれていて、
つい、あれもこれも欲しくなってしまうものです。
しかし、一人暮らしでは、必要なものは限られているでしょう。
無駄な買い物はしないと、自分を戒める気持ちや経済観念も大事です。
買い物の仕方は、考えたほうがよさそうです。

買い物のコツ

前に見たサイトでは、一人暮らしのコツとして、お店で欲しいと感じるものがあっても、
その日は我慢して、あえて買わずに帰るという方法が紹介されていました。
一週間くらい経ってから、ほんとにほしかったら改めて購入するそうです。
もし忘れてしまったら、本来、それは自分に必要ではなかったものだ、と考えているそうです。

今は実家に暮らしている私ですが、学生時代に経験した一人暮らしの生活は、スペースが限られていました。
好きなものを買っていくと、あっという間にスペースをとられてしまいます。
特に、家具は置き場をなくしてしまいます。

一人暮らしは、私にとっては楽園のようでした。
とても楽しかったです。
しかし、自分勝手気ままに暮らしていると、ものはどんどん増えていきます。
増えると片づけるのが億劫になってしまいます。

一人暮らしが終わって引っ越す際は、荷物が増えていて、荷造りが終わらず、とても苦労しました。
親にも迷惑をかけてしまって、それは反省しています。
再び一人暮らしを楽しむ機会が欲しいとは考えていますが、
実現したらその時は、とにかくシンプルライフを徹底したいと考えています。

必要な物を必要な分だけ

一人暮らしといえば、自炊ですね。
お料理に精を出そうと思うものです。
しかし、私はお仕事にがんがん打ちこんでいるので、お料理をする時間は、あまりとれないのが現実です。
せっかくキッチン用品を買いそろえても、お料理をすると、台所の片づけが大変になって、疲れてしまいました。
また、大ぶりのお鍋は、扱いに困ってしまいます。
シンプルな小鍋やフライパン、電子レンジがあればいいかな、と、今は思っています。

ちなみに、電子レンジは、必須です。
以前は、チンするだけの手抜きというイメージが強かった電子レンジですが、
意外にもカロリーダウンや時短料理などに、威力を発揮してくれるようです。
それと、生活必需品の一つが冷蔵庫でしょう。

これは、一人暮らしならそんなにたくさんの食料を買い込むことはありません。
ですから、欲張らず「えっ、これだけ!?」
と思うくらいの、コンパクトサイズの冷蔵庫をおすすめします。

ホテルに置いてあるような冷蔵庫でも、一人なら間に合うくらいです。
小さめの冷蔵庫にしておけば、
「買ってきても置くスペースがなかった」
などという事件も起きません。
引っ越しの際も、楽です。

Comments are closed.

free blog themes