1. >
  2. >
  3. 一人暮らしで一戸建てを借りる
一人暮らしで一戸建てを借りる

一人暮らしで一戸建てを借りる

一人暮らしといえば、賃貸生活ですね。
アパートかマンションのお部屋を借りるという契約形態が殆どでしょう。

同じアパートあるいはマンションの住人とは、会ったら挨拶くらいはかわしますが、
接点を持たなくても、一人で暮らしていくことができます。
ですから、場所を共有しているという感触は、あまりないと思います。

しかし、ちょっと考えてみましょう。
結局は、一人暮らしでも、同じ建築物をシェアしているんですよね。
そこで、「完全な一人暮らし」を考えてみました。
予算面がクリアできれば、一人で土地や家を購入したらよいでしょうか。

しかし、現実問題としては、購入は少し考えづらい気がします。
一人暮らしにおいて、一つの建物を独り占めするとしたら、
一戸建ての賃貸物件という手があるのではないでしょうか。

芸術関係の人に人気の戸建て賃貸

一戸建て賃貸物件は、私が暮らしている街だと、家族向けになってしまう傾向にあるようです。
一人用は、あまり数がないと聞きました。

しかし、都市部では、そういった要望にも応えられる物件があるようです。
一人暮らしで一戸建てを借りるメリットは、文化・芸術関係で活動している人が、よく感じるようです。
通常の一人暮らしだったら、居住空間としては普通の広さのはずのアパートも、
たとえば、絵を描く人は、キャンバスを広げるには狭かったり、
壁が近いと画材や塗料をつけてしまう恐れがある、と聞いたことがあります。

それが、一戸建てだと、生活のスペースと芸術のスペースを、分けることが可能になります。
楽器をやる人も、バタバタしがちな生活の空間に大切な楽器を置くより、
音楽のための別スペースを用意できると、助かるでしょう。

マンションではピアノは無理

また、ピアノを弾く人は、通常の賃貸生活では、ツライと思います。
まず、ピアノ自体が大きいです。
普通のアパートやマンションに置くのは難しいでしょう。

しかし、本格的にピアノ演奏を行っている人は、かなりの長時間、練習しなければならないそうです。
ピアノは、どの楽器よりも鍛錬に時間を割くそうです。
ピアノが家にないことは、ピアニストの方にはデメリットになってしまいます。

その点、一戸建てなら一人暮らしでもピアノを所有できるのが、いいようです。
騒音の問題も、集合住宅に比べたら、ないと言えるでしょう。
広くて安い一戸建ての物件は、中心街からは離れた場所にあることも珍しくありません。
普通は、中心街では便利な生活ができ、駅などの主要施設から離れると不便に感じますが、
芸術関係の人は、すこし感性が違うようです。

駅から遠い地区ということは、緑が多く、美観を楽しめるということでもあるからです。

その魅力を、人一倍感じるのが、アート・カルチャー系の人のようです。
一戸建て物件には、絵画や音楽などに力を入れている人には、大きなメリットがあると言えるのです。
なお、一戸建ては、駐車場付のものも多いです。

アパート等では頭を悩ます駐車料金も、一戸建てだと賃料に入っている場合が多いようです。