1. >
  2. >
  3. 【一人暮らし向きのエリア】和光市
【一人暮らし向きのエリア】和光市

【一人暮らし向きのエリア】和光市

ベッドタウンとして注目される街

新たなベッドタウンとして注目されるようになったのが埼玉県にある和光市です。
副都心線の開通を皮切りにして東急東横線やみなとみらい線の直通運転が開始されたことによって注目されるようになり、一人暮らしにも最適なエリアとして人気が高まっています。
これから人気が高まっていくことも予想されていることから、できるだけ早い段階で検討することをおすすめしたい街です。

都心へのアクセスが便利

和光市は埼玉県内の中でも都心への交通アクセスがとても便利なことで注目されています。
乗り換えなしでかかる時間としては、池袋まで約13分、渋谷まで約24分という利便性の良さが人気の秘密になっています。
他にも代官山や自由が丘、横浜などへのアクセスも乗り換えをすることなく向かえるメリットがあります。
ちなみに有楽町線や副都心線は和光市が始発駅になっていることから、悠々と座って都心へ向かうことも可能です。

電車の利用だけでなく、自動車で都心へ向かう場合にもその他の地域へ向かう場合にも利便性が良いです。
どこに出かけるのも便利な場所なので通勤や通学だけでなく、休日も色々な場所に出かけて過ごしたいと考えている方にもおすすめです。

コンパクトな商業圏

多くの乗客が利用していることから駅周辺は賑わいのある商業圏なのではないかと思われてしますが、実際のところは必要最低限の商品を取り扱う店が存在している程度のこじんまりとした印象を受けます。
今後は再開発される予定もあると言われていますが、日常的な買い物なら現状でも問題ないという程度です。
コンパクトな商業圏に留まっている理由として考えられるのは、都心への交通アクセスが便利なので欲しい品物があれば都心で購入した方が良いと考えている人が多いからです。
この街に住んでいる人にとっては少し足を伸ばせば都心に近いエリアなので駅周辺の商業圏はコンパクトでも良く、商業圏よりも住宅物件が多い方が住みやすいと感じるものなのです。

豊かな自然が多い

駅の近くはコンパクトな商業圏と住宅街になっていますが、郊外に行くと埼玉らしい雰囲気を感じさせる自然豊かな光景が広がっています。
畑で農作物を育てている農家も多いので、新鮮な採れたて野菜をその場で売ってくれる野菜販売所も設置されています。
都会的な雰囲気と田舎ののどかな光景を持ち合わせている住みやすい街なので、幅広い年齢層の方を魅了しています。

元々農家が多く存在している地域なので、昔からご近所同士の付き合いが深くて助け合いの精神が現在でも受け継がれています。
小さなお祭りなどを通じてご近所同士の付き合いを自然な流れで深めることもできるため、他の土地から引っ越しをしてきた人も馴染みやすいという特徴があります。