1. >
  2. >
  3. 【一人暮らし向きのエリア】横須賀
【一人暮らし向きのエリア】横須賀

【一人暮らし向きのエリア】横須賀

抜群の知名度を誇る街

関東周辺にお住まいの方ではなくても、実際に訪れたことがなくても横須賀という地名を聞くと色々なイメージが湧いてくるはずです。
米軍や自衛隊の基地がある場所、美味しいカレーやハンバーガーを楽しめる、スカジャンの発祥地など様々なイメージが湧いてくる場所なので、抜群の知名度を誇ると言っても過言ではないでしょう。
観光客として訪れる人も多いですが、実際に横須賀で一人暮らしをしてみたいと考える方も多いので、一人暮らしをする場合にはどのような魅力があるのか確認してみましょう。

活気のある街

横須賀周辺には活気ある商業施設が多く存在しています。
多くの人で賑わっている場所といえば、若い世代に人気のある商業施設が多い横須賀中央駅周辺や、文化や商業関連の施設が多い汐入駅周辺です。
米軍基地の方にかけて存在する商店街はどの店も活気があり、たくさんのお客さんが買い物を楽しんでいます。
周辺から英語が飛び出してくるのは米軍基地がある横須賀ならではの光景と言えるでしょう。

横須賀の名所とも呼ばれているどぶ板通りにはアメリカらしい町並みを感じさせるお店が多く存在しています。
日中は洋服や雑貨などを取り扱うお店が多いという印象を受けますが、夜になるとアメリカ風のバーなどで談笑する米軍関係者が多く存在しており、日本ではなくアメリカにやって来たような雰囲気を楽しめます。

交通アクセスについて

横須賀からの交通アクセスは京浜急行線と横須賀線がありますが、都内などへ通勤や通学をする場合には少し不便そうなエリアなのではないかと思われがちです。
横須賀から横浜へ向かう場合には京急で約27分、都内の品川に向かうのであれば約44分なので、他の湘南地域を比較してもさほど変わらない所要時間で行けることがわかります。
なお京急のモーニングウイング号を利用すると、横須賀方面から品川駅までノンストップで着席保証してくれるというメリットがあります。
多くの人でごった返す通勤ラッシュは過酷なものですが、ゆったりと座って移動できるなら通勤や通学も苦にならないでしょう。

英語を学びたい方に最適

横須賀は米軍基地が存在していることから英語に触れる機会が多いという特色を活かし、英語教育に力を入れているという特徴もあります。
子供の頃から英語に親しむ環境を作るために小中高の学校にネイティブスピーカーが存在しており教育を実施しています。
平成27年から始まった米軍基地で行われている英語学習プログラムは、横須賀市民のために用意された基地内留学とも言える素晴らしい取り組みです。

日常的に英語に慣れ親しむ環境はどぶ板通りのお店や米軍基地の中にあるお店などにも存在しています。
自然に英語を学べる環境で暮らせることは、これからの時代に必要な要素とも言えるでしょう。